初級システムアドミニストレータ試験(AD)
-難易度が高いIT国家資格を目指せ-

就職難時代!独学でスキルアップはむずかしい。だから、専門学校へ行って資格試験対策をしよう。
将来の夢をかなえるために、就職活動・再就職のために、専攻及び資格取得の面から探せます。
40歳からでも遅くない!

« システム監査技術者試験(AU) | メイン | 上級システムアドミニストレータ試験(SD) »

IT資格試験 国家資格

1. 初級システムアドミニストレータ試験(AD)とは
[ Systems Administrator Examination ]

 企業内のシステム管理者の能力を認定する国家資格の一つ。
 情報技術に関する一定の知識・技能をもち、部門内又はグループ内の情報化を利用者の立場から、システム管理者などへの提言や要望提起を行なうことによって、システムの整備を促進することを目的とする。

 資格取得のための試験は年に2回(4月と10月)実施されている。

2. 初級システムアドミニストレータの役割

 利用者側において情報技術に関する一定の知識・技能をもつ者であり、担当する業務の情報化を利用者の立場から推進するために、以下の役割を果たす。

現状業務における問題点を把握し、情報技術を活用してその解決を図る。
必要とする情報システムの一部構築とその支援を行う。
情報システムの提供者側に対する利用者の意見や要望を提起する。
情報システムの運用環境とシステム利用環境を整備する。

3. 試験情報

 利用者側において、担当する業務の情報化を利用者の立場から推進するため、以下の知識・技能が要求される。

仕事の進め方を把握し改善策を考えるためのシステム思考能力、それを支えるDFD、ワークフローなどの手法やコンピュータの活用法に関する知識をもつ。
情報システムの開発・利用について、ヒューマンインタフェース設計、テスト及びシステム運用に関する知識・技能をもつ。
パソコンやネットワークに関する基礎知識をもつ。
業務において表計算ソフトやデータベースソフトなどのツールを操作・活用できる。
パソコン導入・運用・管理における実務的な知識・技能をもつ。
パソコンの様々な使い方やパソコン利用環境・オフィス環境に関する知識をもつ。
情報化推進のための話し方・文書の書き方・ビジュアル表現方法に関する知識をもつ。

« 受験資格 »
 受験制限なし

« 試験内容 »

午前(150分) 80問多肢選択式(全問必須)
午後(150分) 多肢選択式7問全問解答


4. 独立行政法人情報処理推進機構

 試験日程・実施区分などの情報は、こちら« 独立行政法人情報処理推進機構のホームページ»に御確認してください。

  独立行政法人情報処理推進機構
  http://www.jitec.jp/index.html

スポンサードリンク