テクニカルエンジニア(データベース)試験(DB)
-難易度が高いIT国家資格を目指せ-

就職難時代!独学でスキルアップはむずかしい。だから、専門学校へ行って資格試験対策をしよう。
将来の夢をかなえるために、就職活動・再就職のために、専攻及び資格取得の面から探せます。
40歳からでも遅くない!

« テクニカルエンジニア(システム管理)試験(SM) | メイン | テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験(NW) »

IT資格試験 国家資格

1. テクニカルエンジニア(データベース)試験(DB)とは
[ Database Systems Engineer Examination ]

 情報処理に関する国家資格のうち、データベースを構築・管理する能力を認定する資格。
 情報システム基盤(業務システム共有のシステム資源)の構築・運用において中心的役割を果たすとともに、個別の情報システム開発プロジェクトにおいて、企業内システムのデータベースを管理する立場として、データベースの専門家として開発・導入を支援する基幹データベースの構築と管理を行なう技術者を認定することを目的とする。
 また、システム開発プロジェクトにおいて、データベースに関連する部門の技術指導も行なう。データ管理全般の手法を熟知し、ユーザの要求に対応できるデータモデルを構築する能力や、各データベースシステムの特性を把握した上で信頼性に優れたデータベースを構築・運用する能力が求められる。
 2001年度から導入された資格区分だが、従来の「データベーススペシャリスト」の名称が変更されたものである。

 資格取得のための試験は年に1回(4月)実施されている。

2. テクニカルエンジニア(データベース)の役割

 情報資源及びデータベースを計画・設計・構築・運用・管理する業務に従事し、次の役割を果たす。

データ管理者として、情報システム全体のデータ資源を管理する。
データベース管理者として、基幹データベースの構築と維持を行う。
個別システム開発の各工程(計画・分析・設計・運用・保守)において、データベース関連の技術支援を行う。

3. 試験情報

 基幹業務の効率化と情報活用の高度化の両面において、データベースは重要な役割をもつ。高品質なデータベースを構築・維持するため、次の幅広い知識・経験・実践能力が要求される。

情報資源管理の目的と技法を理解し、データ部品の標準化、リポジトリシステムの設計・構築・運用・保守ができる。
データモデル化技法を理解し、利用者の要求に基づいてデータ分析を行い、正確な概念データモデルを作成できる。
データベース管理システムの特性を理解し、高品質な基幹データベース及びデータウェアハウスの設計・構築・運用・保守ができる。

« 受験資格 »
 受験制限なし

« 試験内容 »

午前 (150分) 50問多肢選択式(全問必須)
午後I ( 90分) 記述式(4問出題、3問選択)
午後II(120分) 論述式(2問出題、1問選択)


4. 独立行政法人情報処理推進機構

 試験日程・実施区分などの情報は、こちら« 独立行政法人情報処理推進機構のホームページ»に御確認してください。

  独立行政法人情報処理推進機構
  http://www.jitec.jp/index.html

スポンサードリンク