基本情報技術者試験(FE)
-難易度が高いIT国家資格を目指せ-

就職難時代!独学でスキルアップはむずかしい。だから、専門学校へ行って資格試験対策をしよう。
将来の夢をかなえるために、就職活動・再就職のために、専攻及び資格取得の面から探せます。
40歳からでも遅くない!

メイン | IT基本法とe-japan重点計画 »

IT資格試験 国家資格

1. 基本情報技術者試験(FE)とは
【Fundamental Information Technology Engineer Examination】

 情報処理に関する国家資格のうち、最も基本となる資格である。
 経済産業省の指定試験機関である独立行政法人情報処理推進機構の情報処理技術者試験センターによって試験が行なわれている。
 情報技術全般に関する基本的な知識・技能をもつ者(情報システム開発プロジェクトにおいて、プログラム設計書を作成し、プログラムの開発を行い、単体テストまでの一連のプロセスを担当しているか、将来、そのような業務を担当する者を含む)に対して、上位技術者の指導のもと、個別部門の仕様策定とプログラミング、および動作テストを実施することを目的とする。
情報技術一般に関する基本的な知識、および最低1つのプログラミング言語に関する実用レベルの知識などを必要とする。2001年度に、従来の第二種情報処理技術者の名称が変更されたものが基本情報技術者である。初級システムアドミニストレータと並んで、情報処理に関する入門的な資格となっている。

2. 基本情報技術者の役割

 情報システム開発プロジェクトにおいて、内部仕様に基づいてプログラムを設計・開発する業務に従事し、以下の役割を果たす。

情報技術全般に関する基礎的な知識を活用し、システム開発プロジェクトの一員として貢献する。
与えられた内部設計書に基づいて、上位技術者の指導のもとにプログラム設計書を作成する。
標準的なアルゴリズムやデータ構造に関する知識に基づいて、プログラムを作成する。
作成したプログラムの単体テストを実施する。

3. 試験情報

 情報技術全般に関する基礎的な知識を活用し、情報システム開発においてプログラムの設計・開発を行うとともに、将来高度な技術者を目指す者として、以下の知識・技能が要求される。

情報技術全般に関する基本的な用語・内容を理解している。
上位技術者の指導のもとにプログラム設計書を作成できる。
プログラミングに必要な論理的思考能力をもつ。
一つ以上のプログラム言語の仕様を知っており、その言語を使ってプログラムを作成できる。
プログラムのテスト手法を知っており、単体テストを実施できる。

« 受験資格 »
 受験制限なし

« 試験内容 »

午前(150分) 80問多肢選択式(全問必須)
午後(150分) 多肢選択式(13問出題、必須5問、選択2問)
プログラム言語は、C・COBOL・アセンブラ言語・Javaから選択


4. 独立行政法人情報処理推進機構

 試験日程・実施区分などの情報は、こちら« 独立行政法人情報処理推進機構のホームページ»に御確認してください。

  独立行政法人情報処理推進機構
  http://www.jitec.jp/index.html

スポンサードリンク