今、企業は情報システム人材を求めている
-IT資格取得-

就職難時代!独学でスキルアップはむずかしい。だから、専門学校へ行って資格試験対策をしよう。
将来の夢をかなえるために、就職活動・再就職のために、専攻及び資格取得の面から探せます。
40歳からでも遅くない!

« 情報処理技術者試験制度のアジア展開 | メイン | テクニカルエンジニア(システム管理)試験(SM) »

情報処理の資格取得した技術者が必要なのか


●今、企業は情報システム人材を求めている●

 コンピュータが生活環境に浸透し、情報システムが広く社会インフラの重要な構成要素となったことに伴い、利用者の要望が多様化し、システムは急速に複雑化の道をたどっています。
 情報産業界は、ベンダーとユーザを問わず、さまざまな情報技術を導入して利便性を追求しようとしていますが、これに対応できる人材の不足に悩まされています。
 それを反映して、大学においても、産業界においても人材育成は主要な課題となっていますが、具体的な実践となると、両者の考えや目標レベルには、まだまだ隔たりがあります。そこで、情報産業あるいは情報システムを活用する産業界に情報技術者を送り出す大学の教員、これから社会に飛び立って自らの能力を提供しようとしている学生、そして何よりも有用な人材を求めるて産業界なのです。

企業がこう考えているなら、自分に出来ることは今、なぜ資格が必要なのか?!へ


スポンサードリンク