レベルの見方
-ITの職種・専門分野-

就職難時代!独学でスキルアップはむずかしい。だから、専門学校へ行って資格試験対策をしよう。
将来の夢をかなえるために、就職活動・再就職のために、専攻及び資格取得の面から探せます。
40歳からでも遅くない!

« エデュケーション | メイン | CISAとは »

職種/専門分野の概要

【11職種/38専門分野について】


レベルの見方

ハイレベル (レベル5~7)
 社内において当該職種/専門分野に係るテクノロジやメソドロジ、ビジネスを リードするレベル。特にレベル7は、市場全体から見ても先進的なサービスの 開拓や市場化をリードする。スキル開発においても、社内戦略の策定・実行に 大きく貢献することが求められる。

ミドルレベル (レベル3~4)
 スキルの専門分野が確立し、自らのスキルを駆使することによって、業務上の 課題の発見・解決をリードすることができるレベル。スキル開発においても、 自らのスキルの研鑽を止めることなく、また、下位レベルの育成に積極的に貢献 することが求められる。

エントリレベル (レベル1~2)
 スキルの専門分野が確立するにはいたっておらず、当該職種の上位レベルの指導 の下で、業務上における課題の発見・解決を行うことができるレベル。スキル開発 においては、自らのキャリアパス実現に向けて積極的なスキルの研鑽が求められる。

スポンサードリンク