情報検索応用能力試験
-スキルアップIT資格一覧-

就職難時代!独学でスキルアップはむずかしい。だから、専門学校へ行って資格試験対策をしよう。
将来の夢をかなえるために、就職活動・再就職のために、専攻及び資格取得の面から探せます。
40歳からでも遅くない!

« ITSSとは | メイン | 情報検索基礎用能力試験 »

IT資格試験 民間資格

1.情報検索応用能力試験とは

 情報検索応用能力試験とは、膨大な情報が蓄積されたデータベースから、必要な情報を選択し、処理する情報検索能力を測る資格試験。
 2002年までは、サーチャーと呼ばれる代行検索者を主な対象に「データベース検索技術者認定試験」として実施されていたが、2003年からリニューアルされ、名称変更とともに、より幅広い層をイメージした試験となった。

2. 試験情報

 「情報検索およびその結果の評価、加工に関する知識・技能ならびに企画力およびコンサルティング能力を客観的に認定し、その能力に対する社会的認識を高めるとともに、その資質ならびに知識・技能の向上を図ること」である。

« 受験資格 »
 1級:2級合格(データベース検索技術者認定試験2級合格者)
 2級:受験制限なし

« 試験内容 »

区  分 1 級 2 級
ITに関する知識 ・通信技術に関する知識
・インターネットに関する知識
・セキュリティに関する知識
・コンピュータに関する知識
・通信技術に関する知識
・インターネットに関する知識
情報検索技術に関する知識と実践 ・情報源の選択および経済的評価能力
・専門別データベースに関する知識
・高度な検索技術の実施能力
・情報要求者とのコミュニケーション能力
・情報源の選択能力
・データベースに関する知識
・検索システムに関する知識
・コマンド、検索式、キーワード、シソーラス等の検索技術に関する一般的知識
・情報要求者とのコミュニケーション能力
主題知識と応用 ・専門分野の主題知識
・専門分野の法規制に関する知識
・専門分野の最新知識の把握
・専門分野周辺領域の主題知識
・専門分野の検索主題の解析能力
・出力結果の分析能力
・専門分野のサーチエイドに関する知識
情報源と情報流通の知識と応用 ・専門分野の情報源に関する知識
・データベース構築に関する知識
・ホームページ作成に関する知識
・著作権に関する知識
・情報の流通に関する知識
・ホームページ作成に関する一般的知識
・著作権に関する一般的知識
英語能力 ・情報検索に関する英文解読力
・主題専門分野の英文解読力
・英語での情報発信能力
・英文データベース出力の解読力
・英文マニュアルの解読力
論文執筆および
プレゼンテーション
・小論文執筆能力
・プレゼンテーションメディアの作成能力
・口頭発表能力
・思考過程を簡潔に表現する文章作成能力
教育・指導能力 ・エンドユーザー教育の企画・運営能力
・サーチャー教育の企画・運営能力
・インハウスにおける教育・企画指導能力

3. 社団法人 情報科学技術協会

 試験日程・実施区分などの情報は、こちら« 社団法人 情報科学技術協会のホームページ»に御確認してください。

  社団法人 情報科学技術協会
  http://www.infosta.or.jp/

スポンサードリンク