情報検索基礎用能力試験
-スキルアップIT資格一覧-

就職難時代!独学でスキルアップはむずかしい。だから、専門学校へ行って資格試験対策をしよう。
将来の夢をかなえるために、就職活動・再就職のために、専攻及び資格取得の面から探せます。
40歳からでも遅くない!

« 情報検索応用能力試験 | メイン | 吉田学園情報ビジネス専門学校 »

IT資格試験 民間資格

1.情報検索基礎用能力試験とは

 膨大な情報が蓄積されたデータベースから、必要な情報を選択し、処理する情報検索能力を測るための基礎知識を測る資格試験。
 2002年までは、サーチャーと呼ばれる代行検索者を主な対象に「データベース検索技術者認定試験」として実施されていたが、2003年からリニューアルされ、より幅広い層をイメージした情報検索基礎能力試験と情報検索応用能力試験が登場した。

2. 試験情報

 情報を効果的に検索し、それを活用するための基礎的知識の保有者を客観的に認定し、その能力に対する社会的認識を高めることにある。

« 受験資格 »
 受験制限なし

« 試験内容 »

(1) 設問はすべて選択式。
(2) 設問は共通問題、選択問題とする。選択問題はコース別問題とする。
(3) コースは次の2 つとする。
A:検索技術者向けのコース:旧来の情報検索基礎能力試験に対応させ、上位の資格のための予備的コースとする。
B:情報リテラシー能力についてのコース
(4) 問題の難易度は現在の情報検索基礎能力試験と同等とする。大学の1ないし2年生で取得可能なレベルとする。
(5) 主として、Aコースは、図書館情報学関連の学科・課程の学生や企業の情報管理部門の新人を対象とし、Bコースは、教養教育の一環として情報リテラシー教育を受けた一般の大学生を対象として想定する。

 内 容 表

テーマ
共 通
 1) 情報の生産と流通に関する知識
  ・情報の種類、一次情報と二次情報
  ・情報の収集・整理・蓄積
  ・情報とデータの組織化
  ・分類と索引
  ・情報サービス機関(図書館等)の役割

 2) 情報の検索と利用に関する知識
  ・情報源(データベース含む)の特性と
        その内容
  ・情報検索の方法
  ・情報サービス機関の利用法
 3) コンピュータに関する基礎知識
  ・ハードウェアのしくみ
  ・ソフトウェアのしくみ
  ・コンピュータ通信のしくみ

 4) インターネットに関する基礎知識
  ・電子メール、WWW
  ・TCP/IP
  ・サーチエンジン

 5) 情報社会に関する基礎知識
  ・情報政策、情報倫理
  ・セキュリティ
  ・知的財産権
選 択 A コース:情報検索 B コース:情報リテラシー
 6) 情報管理に関する知識
  ・目録記述の規則と標準化
  ・分類法、索引法、抄録作成法
  ・シソーラス、件名標目

 7) データベースに関する知識
  ・データベースの歴史と種類
  ・データベース作成方法
  ・データベースの提供
 6) 情報の活用に関する知識
  ・情報の評価
  ・情報の加工
  ・情報の発信
 
 7) ソフトウェアの利用
  ・ワープロ
  ・表計算ソフト
  ・プレゼンテーション用ソフト
  ・DBMS


3. 社団法人 情報科学技術協会

 試験日程・実施区分などの情報は、こちら« 社団法人 情報科学技術協会のホームページ»に御確認してください。

  社団法人 情報科学技術協会
  http://www.infosta.or.jp/

スポンサードリンク