今、なぜ資格が必要なのか?!
-IT資格取得-

就職難時代!独学でスキルアップはむずかしい。だから、専門学校へ行って資格試験対策をしよう。
将来の夢をかなえるために、就職活動・再就職のために、専攻及び資格取得の面から探せます。
40歳からでも遅くない!

« 公認情報システム監査人(CISA) | メイン | IT人材育成に関する取り組み状況 »

今、なぜ資格が必要なのか?!

 企業における成果主義的・能力的主義的な人事制度への移行傾向や労働移動の活発化などにより、働く人の職業能力を客観的かつ適正に評価することが強く求められている。

 産業構造の変化、諸規制の緩和、情報技術(IT)を始めとする急速な技術革新、少子高齢化の進展など、企業を取り巻く経営環境は急激かつ構造的に変化している。
こうした変化に適応するために、多くの企業では、様々な経営課題に取り組んでいる。

 このような時代に、企業は何を求めているのでしょうか。

 このような経営課題を達成できる人材を確保し、活用すべく、人事労務管理の在り方も変化している。
 即戦力志向の中途採用の増加、雇用形態・就業形態の多様化、能力や成果に基づく評価・処遇など、急激で構造的な環境変化に迅速かつ柔軟に対応するために、短期志向の施策が導入されている。

 以前、企業組織は「個人に対して終身雇用を保証する」とし、個人は「組織に対して忠誠を尽くし、組織のためにがんばる」という心理的契約が成立していた。
 しかし、最近では、「全員の雇用は保証できかねる。その代わり、個人のエンプロイアビリティ(雇用されうる能力)を向上する機会や場を提供する」と企業組織の側から変更し始めた。
 企業は『職業能力評価基準』などにより、個人の役職や責務を与え、給与や賞与を決定している。

 このような企業しか生き残れないこの時代、あなたはどうします?

 あなたは不安定な時代の流れに身を任せますか?
 それとも、自分の働く場所、給与を企業に用意させますか?

企業は人材不足をどう考えているかは継続的な試験制度の基本的な見直しの方向性 へ


スポンサードリンク