情報処理検定試験
-スキルアップIT資格一覧-

就職難時代!独学でスキルアップはむずかしい。だから、専門学校へ行って資格試験対策をしよう。
将来の夢をかなえるために、就職活動・再就職のために、専攻及び資格取得の面から探せます。
40歳からでも遅くない!

« 情報処理能力検定試験とは | メイン | P検資格のメリット »

IT資格試験 民間資格

1.情報処理検定試験とは

 全国商業高等学校協会が主催する検定試験であり、文部科学省後援である。
 主に商業高等学校在校生を対象とした資格検定であるが、情報処理技術者などの資格への登龍門として作られた検定試験と考えてよい。

2. 試験情報

 2級からビジネス情報部門とプログラミング部門に分かれる。経済産業省の情報処理技術者試験への登竜門とも言われる。

 ビジネス情報部門(旧コンピュータ利用技術検定内容)
 表計算ソフト「MicrosoftExcel」を使用してビジネス文書を作成する問題が与えられる。

 プログラミング部門(COBOL・VisualBasic)
 流れ図の問題やプログラム言語の穴埋め問題が与えられる。

« 受験資格 »
 受験制限なし


3. (財)全国商業高等学校協会

 試験日程・実施区分などの情報は、こちら« (財)全国商業高等学校協会のホームページ»に御確認してください。

  (財)全国商業高等学校協会
  http://www.zensho.or.jp/

スポンサードリンク