CAD利用技術者[3次元試験]
-スキルアップIT資格一覧-

就職難時代!独学でスキルアップはむずかしい。だから、専門学校へ行って資格試験対策をしよう。
将来の夢をかなえるために、就職活動・再就職のために、専攻及び資格取得の面から探せます。
40歳からでも遅くない!

« CAD利用技術者[基礎試験] | メイン | CAD利用技術者[建築1級試験] »

IT資格試験 民間資格

4. CAD利用技術者[3次元試験]の試験情報

 3次元CAD試験は、3次元CADに関する基礎的な知識やモデリング・設計などの知識を筆記試験・実技試験にて半年程度の実務経験者を想定して行います。

« 受験資格 »
 特にありません

« 資格名 »
 3次元CAD利用技術者試験

« 称 号 »
 3次元CAD利用技術者

« 受験料 »
 筆記試験+実技試験:20,000円(消費税込み)
受験対象者 3次元CADシステム(製造・機械系)を利用して、主としてモデリング・設計・製図などの業務に従事する方を対象とし、3次元CADシステムを操作する上で必要な3次元CADの基礎的な知識(概念、理論、基本機能、用語など)、及びモデリング・設計などの基礎知識を有し、半年以上の実務経験を有する方を想定して試験を行います。

« 試験内容 »

試験対象 CADシステムに関係する職業に就いて間もない方、または将来就職、転職を希望する方で、CADシステムを理解する上での基礎知識ならびにパーソナルコンピュータ・ネットワークの基礎知識を有し、半年程度の勉学経験がある方を想定して試験を実施します。
試験形態 筆記/実技
試験時間 【筆記試験】90分(筆記試験開始60分後から終了10分前まで解答等提出後退出可)
【実技試験】120分以内(実技試験開始60分後から終了10分前まで解答等提出後退出可)
試験方法 【筆記試験】
・ マークシート方式による多肢選択方式(3択)及び真偽方式で75問
【実技試験】
・ 3次元CADソフトを使用したモデリング、アセンブリ
・ フラッシュメモリへの解答データ保存
試験科目 【筆記試験】
● 3次元CADの概念
3次元CADとは、3次元CADソフトウェアの歴史、3次元設計の必要性、3次元モデルの用途、3次元モデルの構成、3次元モデルのデータ構造基礎、3次元モデルのデータ構造応用、表示技術、トレランス
● 3次元CADの機能
モデリングの基礎(ソリッドの作成、ソリッドの編集、曲線の作成、曲面の作成、曲面の編集、集合演算、複合化したコマンド、計測・解析)、モデリングの応用(パラメトリックモデリング、アセンブリモデリング、モデリングの事例)
● 3次元CADの運用
設計データの応用、PDQ、データ交換、最近の技術、データ転送、データの記録媒体、CADとネットワーク知識、情報セキュリティ
● 3次元CADの関連知識
コラボレーション、PDM、RP、シミュレーション、金型の知識、コンピュータシステムの構成
【実技試験】
● CADリテラシー問題
文章によるモデリング手順に従い、部品を作成する問題。第三者との口頭によるやり取りや手描き図面情報の伝達をイメージし、的確にコマンドを使用できるかを問う。
● 空間把握能力問題
投影図、展開図より、部品を作成する問題。空間形状が把握できているかを問う。
● 部品組立て能力問題
部品を作成し、それらを組み立てる問題。正しく部品を組み立てられるかを問う。
● 2次元図面からの作図能力問題
2次元図面より、機械部品を作成する問題。実務の基本的な能力を総合的に問う。

※JPSA発行公式ガイドブックに準拠
合格基準 筆記試験及び実技試験ともに、各分野5割以上、及び総合7割以上の正解を合格ラインとする。
※ 筆記試験・実技試験のすべてに合格基準を満たしていない場合は、不合格となる。なお、どちらかが合格基準を満たしている場合でも、次回の受験時には、筆記試験・実技試験の両方を再度受験しなければならない。


CAD利用技術者試験とはの詳細はこちらへ

CAD利用技術者[基礎試験]の詳細はこちらへ

CAD利用技術者[2級試験]の詳細はこちらへ

CAD利用技術者[建築1級試験]の詳細はこちらへ

CAD利用技術者[機械1級試験]の詳細はこちらへ

CAD利用技術者試験合格への通信教育講座の資料請求はこちらへ


5. 社団法人 日本パーソナルコンピュータソフトウェア協会

 試験日程・実施区分などの情報は、こちら« CAD利用技術者試験のホームページ»に御確認してください。

  社団法人 日本パーソナルコンピュータソフトウェア協会
  http://www.jpsa.or.jp/


6. 独学支援

 転職を希望されている方、『スキルアップ』するために必要な時間はなかなか取れません。まして、専門学校に通えない方も数多くいます。
 そんな方に強い見方がいます。
 それは、ご存知の通り『通信教育』で独学することです。通信教育であれば自分に合った時間を使うことが出来ます。仕事に疲れ、体調不良なのに勉強する必要がありません。
 自分のスケジュールに合わせた勉強をすればいいのです。
CAD利用技術者試験合格への通信教育講座の資料請求はこちらへ

スポンサードリンク