CAD利用技術者[機械1級試験]
-スキルアップIT資格一覧-

就職難時代!独学でスキルアップはむずかしい。だから、専門学校へ行って資格試験対策をしよう。
将来の夢をかなえるために、就職活動・再就職のために、専攻及び資格取得の面から探せます。
40歳からでも遅くない!

« CAD利用技術者[建築1級試験] | メイン | CAD利用技術者試験とは »

IT資格試験 民間資格

4. CAD利用技術者[機械1級試験]の試験情報

 2級試験は、CADシステムを利用し、主として製図業務に従事し、半年以上の実務経験を有する者を想定して行います。
 1級試験は、CADシステムを利用し、主として設計・製図業務に従事し、1年以上の実務経験を有する者を想定して行います。

« 受験資格 »
 2級有資格者及び過去の1級合格者に限ります。

« 資格名 »
 CAD利用技術者試験1級(機械)

« 称 号 »
 CAD利用技術者(機械)

« 受験料 »
 14,000円(消費税込み)
※ 平成17年度までの1級合格者は、平成20年度まで8,000円(消費税込み) 受験対象者 機械系CADに関する専門知識及び技能を修得している方を対象としています。CAD関連業務就業者ならびにそれに準じる知識及び技能を有する方を想定して試験を行います。

« 試験内容 »

試験形態 実技試験と筆記試験
試験時間 80分(保存時間含む)
試験方法 試験方法 CADシステムを使用した作図問題(作成データを保存したFDを提出)と機械分野の専門知識を問う筆記問題
試験事前準備 作図テンプレート(解答枠等)の事前ダウンロードをCAD利用技術者試験の公式Webページより行うこと(行っていない場合は失格となる。また当日の提供も行わない)。「受験対象CAD判定サービス」(平成18年1月サービス開始予定)により、自分が使用するCADが受験で使用可能か確認すること。
試験科目 ●実技試験
機械要素:ねじ部品、歯車、丸型片口スパナ、フック
機械作図の実践例:レイヤ管理、図形の編集、機構の運動解析、立体の切断と相貫、相貫線の作図、参考資料からの作図、組立図と部品図の作図
※ ファイルは、DXFフォーマットで保存すること。
注:BMIは廃止しました。
●筆記試験
【機械製図の知識】
機械製図の基本、加工方法、機械要素、寸法公差とはめあい、幾何公差、表面性状(面の肌)
【設計情報の電子化】
標準化と共有、インターネットの活用、設計情報の活用方法
【機械CAD製図】
機械CAD製図の基本、CAD機能と作図

合格基準 実技試験・筆記試験が各5割以上、及び総合が7割以上を合格基準


CAD利用技術者試験とはの詳細はこちらへ

CAD利用技術者[基礎試験]の詳細はこちらへ

CAD利用技術者[2級試験]の詳細はこちらへ

CAD利用技術者[建築1級試験]の詳細はこちらへ

CAD利用技術者[3次元試験]の詳細はこちらへ

CAD利用技術者試験合格への通信教育講座の資料請求はこちらへ


5. 社団法人 日本パーソナルコンピュータソフトウェア協会

 試験日程・実施区分などの情報は、こちら« CAD利用技術者試験のホームページ»に御確認してください。

  社団法人 日本パーソナルコンピュータソフトウェア協会
  http://www.jpsa.or.jp/


6. 独学支援

 転職を希望されている方、『スキルアップ』するために必要な時間はなかなか取れません。まして、専門学校に通えない方も数多くいます。
 そんな方に強い見方がいます。
 それは、ご存知の通り『通信教育』で独学することです。通信教育であれば自分に合った時間を使うことが出来ます。仕事に疲れ、体調不良なのに勉強する必要がありません。
 自分のスケジュールに合わせた勉強をすればいいのです。
CAD利用技術者試験合格への通信教育講座の資料請求はこちらへ

スポンサードリンク