CAD利用技術者試験とは
-スキルアップIT資格一覧-

就職難時代!独学でスキルアップはむずかしい。だから、専門学校へ行って資格試験対策をしよう。
将来の夢をかなえるために、就職活動・再就職のために、専攻及び資格取得の面から探せます。
40歳からでも遅くない!

« CAD利用技術者[機械1級試験] | メイン | 日本理工情報専門学校 »

IT資格試験 民間資格

1.CAD利用技術者試験とは

 CAD利用技術者試験は、平成2年10月に「CADインストラクター認定試験」として創設され、平成6年6月より現在の「CAD利用技術者試験」と名称が変更されて現在にいたっています。CAD利用技術者試験は、現在までに延べ40万人の総受験者を得て、認定会場(CAD利用技術者試験センターが正式に認定した大学・専門学校・スクールなど)の数も全国で400校以上(平成17年1月現在)にわたり、わが国有数の技術系認定試験として広く認知されています。

2. CAD利用技術者試験の位置づけ

 CAD利用技術者試験は、CADを利用した知識・スキルを明確化し、一定水準に達している受験者に対して評価・認定を行うものです。試験は、当初より実施している実技試験の1級と筆記試験の2級があり、平成15年よりCBT(Computer Based Testing)による随時試験である基礎試験と、機械系・製造系の3次元CADの基礎知識を問う3次元CAD試験が開始されました。

3. 試験概要

 基礎試験は、コンピュータおよびネットワークの基礎知識とCADを学ぶために必要な最低限の製図等の知識などを問う試験で、半年程度の勉学経験者を対象としています。
CAD利用技術者[基礎試験]の詳細はこちらへ


 2級試験は、CADシステムを利用し、主として製図業務に従事し、半年以上の実務経験を有する者を想定して行います。
 1級試験は、CADシステムを利用し、主として設計・製図業務に従事し、1年以上の実務経験を有する者を想定して行います。

CAD利用技術者[基礎試験]の詳細はこちらへ

CAD利用技術者[2級試験]の詳細はこちらへ

CAD利用技術者[建築1級試験]の詳細はこちらへ

CAD利用技術者[機械1級試験]の詳細はこちらへ

CAD利用技術者[3次元試験]の詳細はこちらへ

CAD利用技術者試験合格への通信教育講座の資料請求はこちらへ


 1級・2級試験、基礎試験、3次元CAD試験の実施により、専門的なCAD利用技術者の育成と社会的・経済的地位の向上を図り、ひいては産業界の更なる発展に寄与することを目的としています。


4. 独学支援

 転職を希望されている方、『スキルアップ』するために必要な時間はなかなか取れません。まして、専門学校に通えない方も数多くいます。
 そんな方に強い見方がいます。
 それは、ご存知の通り『通信教育』で独学することです。通信教育であれば自分に合った時間を使うことが出来ます。仕事に疲れ、体調不良なのに勉強する必要がありません。
 自分のスケジュールに合わせた勉強をすればいいのです。
CAD利用技術者試験合格への通信教育講座の資料請求はこちらへ

スポンサードリンク