建築CADデザイナーとは
-スキルアップIT資格一覧-

就職難時代!独学でスキルアップはむずかしい。だから、専門学校へ行って資格試験対策をしよう。
将来の夢をかなえるために、就職活動・再就職のために、専攻及び資格取得の面から探せます。
40歳からでも遅くない!

« 九州技術教育専門学校 | メイン | 崇城大学専門学校 »

IT資格試験 民間資格

1. 建築CADデザイナーとは

 建築CADデザイナー資格認定試験は、建築業界で即戦力になりうる実践型のCAD資格で、全国建築CAD連盟によって実施されているものである。建築CADを利用し、課題として提出された図面を2次元(平・立面図)および3次元パース図面(または断面図)を一定時間内に表現する技能検定である。

2. 試験情報

« 受験資格 »
 受験制限なし(3級)
 1級は建築CADデザイナー2級
 2級は建築CADデザイナー3級の資格者
 1級、2級ともに一・二級建築士の資格者

« 試験内容 »

1級 CADによる企画設計(プラン)から実施設計までを、実際にCAD実務を通じて体験し、その充実した応用力とCADに対する深い理解でCADマネージャーとしての資質も備えていること。また、建築専門知識については、建築物の安全性と快適性の追求といった考えのもと、建築計画・法規・構造・施工についての深い理解が可能であること。
2級 建築CADシステムの応用操作が可能であること。 また、建築専門知識については、基本的な建築計画、建築構造の基礎知識、建築基準法による各種制限の理解が可能であること。
3級 建築CADシステムを操作し、一般建築の基本設計図として平面図を作成できる資質を持ち、なおかつ建築基礎知識について基本的な理解が可能であること


3. 中間法人 全国建築CAD連盟

 試験日程・実施区分などの情報は、こちら« 中間法人 全国建築CAD連盟のホームページ»に御確認してください。

  中間法人 全国建築CAD連盟
  http://www.aacl.gr.jp/

スポンサードリンク