就職・転職、独立開業には通信講座で資格取得・スキルアップ!

福祉社会への貢献

介護福祉士とは高齢者や身体障害者、精神障害者の食事・入浴・排泄等の介護を行い、介護を受ける人とその家族とともに色々な相談を受けたり指導をしたりする国家資格です。介護福祉士のニーズの高さは、高齢化社会を象徴するかのように増加傾向は未だに変わりません。病院・施設のみならず、ホームヘルプやデイサービスなど介護の多様化に応じて幅広い領域から求められています。

介護福祉の国家資格

介護福祉士はケアワーカーとも呼ばれ、1987年に制定された「社会福祉士および介護福祉士法」によってさだめられた介護福祉方面での唯一の国家資格です。 介護福祉士とホームヘルパー(訪問介護員)との違いは、介護福祉士はホームヘルパーの上位に位置する資格で介護福祉士が国家資格なのに対してホームヘルパー1~3級は公的認定資格とされ、厚生労働省の定めた養成課程を終了すればホームヘルパーになることができます。 また両者とも介護全般に関する仕事を行うのですが行動範囲がホームヘルパーは介護福祉士に比べ狭く、給与や待遇の面でも常勤職員と非常勤職員とで差がつくなど、介護福祉士のほうが優遇されるようです。

介護福祉士 資格取得の特徴

 介護の分野で唯一の国家資格でニーズが高い
 ホームヘルパーを取りまとめる役目
 高齢化社会の中で介護職は不足している

介護福祉士の資格取得するならここ↓↓↓

通信講座ユーキャン

有利な資格・スキルの種類

Copyright (C) 2009 資格取得で自己主張. All Rights Reserved.