就職・転職、独立開業には通信講座で資格取得・スキルアップ!

宅地等の売買に必要な資格・スキル

宅地建物の売買、または貸借の代理や媒介などといった取引業務に欠かせない宅地建物取引主任者宅建主任者)なのです。
比較的取得しやすく ”資格取得・スキルアップの登竜門” 的存在となっています。
土地の価格が復活してきたので、バブル時期まではならないが宅地や建物の売買がまた盛んになる兆しがある。

金融機関や生保業界でも求める資格・スキル

不動産業界はもちろんのこと、建設や住宅メーカー、土地を担保に扱う金融機関や顧客の資産設計を行う生保業界でも強く求められています。

特に不動産業では、事業所毎に社員5人に1人の割合で成年の専任の宅地建物取引主任者(宅建主任者)を配置することが義務付けられています。

宅地建物取引主任者 資格取得の特徴

 不動産業界はもちろん各方面からの幅広いニーズ
 関連業界への就職・転職に必需資格
 独立開業もできる
 比較的取得しやすく、次の資格が取りやすい

宅地建物取引主任者の資格取得が必要ならここ↓↓↓

通信講座ユーキャン

有利な資格・スキルの種類

Copyright (C) 2009 資格取得で自己主張. All Rights Reserved.